妊娠(薬・胎児)

薬を服用しての妊娠になった場合、どうしても考えてしまうのが子供への影響です。様々な報告例がありますが、誰にも100%はありません。健常者の方でさえ100%ではないのです。障害を持って産まれる確率は、薬を服用していない女性の2倍。多くても10%だと考えられています。

つまり、90%は問題ないのです。この数字を見て、どう思われるでしょうか。私は、だいぶ勇気をもらいました。 しかし、実際に報告がある以上、薬での影響を知っておく必要はあります。専門家ではないので、全てを網羅することは出来ません。病気を知るために、自分なりに調べてみました。

薬の種類

抗てんかん薬といっても、種類がいくつもあります。

  • フェノバール
  • テグレトール
  • ヒダントール
  • デパケン
  • マイソリン

報告例としては、一番リスクが低いのがフェノバールで、マイソリンまで順番にリスクが高くなっていくそうです。もちろん、リスクが低い薬で発作が抑えられる薬が最良なのですが、体に合わないことも考えられます。副作用として、眠気やふるえ、肝障害など様々な症状が出る場合があります。ですから、医師の判断のもと、適切な薬を服用する必要があります。

胎児へのリスク

妊娠初期の服用は、器官形成期のためリスクも高いと報告されています。以下のような障害があるそうです。

  • 口唇裂、口蓋裂
  • 心臓血管系奇形
  • 神経管の欠損

特に口唇裂、口蓋裂、が多く報告されているという話を聞いていたので、エコーに映る胎児の顔をいつも気にしてました。結局、3Dも撮りましたが、最後まで手で隠してエコーで顔を見ることは出来ませんでした。産まれてきた子供のキレイな顔を見たときは、それだけでほっとして力が抜けました。最近では、外科手術で綺麗に治すことが出来るそうです。

薬を服用しながらも、母親に出来ることはあります。抗てんかん薬は、「葉酸」というビタミンを減らすといわれています。「葉酸」の欠乏は、神経管閉鎖障害と引き起こすとの報告もあるので、食物やビタミン剤で摂取するように注意することで、リスクは軽減されます。